日焼けをしてしまったら

暑い夏も、少しづつ落ち着いてきましたね。真夏は、脂性肌のかたにとってさらに皮脂が気になる季節ではないでしょうか。脂性肌のかたの悩みは、乾燥肌のかたの悩みとは反対で常にお肌がべとつくような感じがするんですよね。

どんな肌質のかたにとっても、日焼けは美しい肌を作っていくためには避けたいものといえます。日焼けを避けたいというのも、紫外線の影響がお肌にでてくるからですよね。きっと、もう皆さんも日焼け止めを十分にぬって帽子をかぶり、日よけの手袋をして…と万全の対策をとっていることでしょう。

できるだけ紫外線からは、お肌をまもっていかなくてはなりません。あまり紫外線を浴び続けると、やはりシミやたるみなどを引き起こしますので気をつけるようにしましょう。万が一にも日焼けをしてしまったなと感じる際には、脂性肌の方もきちんと保湿を行うようにしてくださいね。

紫外線を浴びた後のお肌は、特に水分が不足しがちになっています。 紫外線の対策をしなくてはならないのは、夏だけではありません。夏はとても暑いので、紫外線が強いという印象になりがちですが、一年を通じて紫外線は降り注いでいます。冬でも、寒さに関わらず紫外線の影響はあるということを忘れないようにしましょう。脂性肌のかたも、日焼けにはもちろん注意ですよ。