内側からケア

インナードライという言葉を、聞いたことがあるというかたも多いでしょう。オイリー肌に悩む女性の多くは、実はこのインナードライだといわれています。一見はたからみると、オイリー肌のように見える肌も、実はお肌の水分不足が影響しているインナードライだということを意味しています。

その言葉の通り、インナードライとはお肌の内側が乾燥してしまっているということです。お肌が皮脂の過剰分泌によってオイリーに見えるのは、肌の内側の水分が足りていないからというわけなのです。このインナードライをケアしていくためには、どうしたら良いかということを考えていくと、オイリー肌が改善されていくことも多いのです。

水分が不足しているのですから、内側までしっかりと水分補給をして水分の具合を整えていけば良いのです。お肌の内側までしっかりと水分を補給するためには、スキンケアがポイントになってきますよね。

出来るだけクレンジング、洗顔の後に素早く化粧水をたっぷりとつけるように努めましょう。オイリー肌の方は、化粧水や乳液をつけるとお肌が余計にベトベトになるような気がしてあまりつけないというかたもいらっしゃいます。でも、これは逆効果だといえるので気をつけましょう。きちんと水分と油分のバランスが整えば、オイリー肌も改善へ向かうはずです。